--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/04 (Sat) ありがとう、パンク!

久しぶりの日記ですが、残念な報告をしなくてはならなくなりました。

8月24日、パンクが逝ってしまいました。


8月25日、14:00 無事に送り出すことが出来ました。
快晴の青空の中への旅立ちとなりました。
家族みんなで送り出すことが出来ました。
とっちゃんが言うんです。
「パンク、あの中に入って出てきたら元気になってるの?」と
「そうやで、足もお腹も痛いところがなくなって、自由に走り回れるんだよ」


肛門周囲腺腫が見つかって、去勢も一緒にと言うことになったのが3月
手術の日にちも決まっていたのに
いつもの血液検査の結果、肝臓の数値が高いので延期となった。

5月岡山の実家に帰ったときはまだ元気に走っていた(昨年と比べて体力は落ちていたけど)
サプリと薬を交互または併用しながら肝臓の数値を調べた
期日ギリギリまで狂犬病の予防注射も延期していた。

思ったようには数値が下がらず、薬を飲み続けてやっと「このぐらいの数値ならば」となったのが7月
そのくらいからパンクの食欲が落ちた。
朝晩2回の食事だけど、一回分を二日で食べるくらいのペース。
いきなり真夏の暑さで夏バテか?
手術が控えているので、体力が落ちるのは避けたい。

8月4日の夜おしっこが出なくなった
何度も何度もおしっこシートに行くけど出ない

8月5日、夜が明けるのを待って朝一で病院へ行く
エコー、レントゲンを撮って前立腺が腫れているのが分る
カテーテルを入れてオシッコを出してもらう
前日夜通し寝てないのか点滴が始まるとすぐ診察台の上で寝てしまった。
寝ている姿を見て、少しホッとした。
結局その日もオシッコが出ず。
前立腺除去手術となると、尿管を切り離したりととても大掛かりの手術となる
パンクの今の状態では手術には耐えられない。
大学病院の診察は一つの選択肢として置いておくことに

8月6日、朝また病院へ
今度はカテーテルを入れたままにする。
パンクは歩きにくいけどオシッコが出るので食欲復活した。
急いでエプロンとオシッコ受けを作る。
作ったと言っても、ビニール袋におしっこシートを入れた簡易なもの
この時は大事になるとは微塵にも思ってなかった。
エプロンを4枚も作ったりして少し楽しんでいた。

8月13日、前立腺肥大用の薬を一週間飲んだ結果
少しも小さくなっていなかった、大概はスーと小さくなるらしい。

世間はお盆の連休まっただ中
今年はばかに暑い日が続く
パンクの体力もまた落ちてきている
涼しくなってから帰省しようと連休は家に篭もる。

8月17日、左後足が痛いのかなかなか起き上がれない。
殆んど寝ている上に介助が必要になった。
病院で診てもらうが外傷等は見当たらない。
前立腺は変わらず。
この日、「前立腺ガン」と診断される。
前立腺もゴツゴツして歪(ツルンとした円形だそうです)だし、脾臓も腫れてきている。
足の痛みもガンのせいかも
前立腺ガンは分った時点で転移しているとても悪質なガンのようだ。
この日は痛み止めの薬のみの処方。
もう手の施しようが無いってこと?
愕然とした。
家族と相談して、どうしても大学病院で診察をとなったら紹介して欲しいとお願いして帰る。

8月18日、とても迷う。
結論が出ない。

8月19日、考えれば考える程どうしたら良いのか分らなくなる。
ただ、薬を止めてからパンクが少し元気なった。
少しだけど自力で立ち上がり歩くことも。
食欲もある。
内心このまま元気になるのでは?と淡い希望を持った。
病理に出したわけではない。
薬を止めたら元気が出た・・・薬が合わなかったのか?

8月22日、えっ?と驚くほど元気。
痛み止めの薬を貰いに行って、近いうちにカテーテルの交換をとなった。

8月23日、前日とは打って変わって立ち上がれない。
夜またオシッコが出なくなった。
昨日薬だけじゃなくパンクも連れて行けばと良かったと悔いる。
夜かなり苦しむ。

8月24日、朝一番で病院へ
この日は姉ちゃんも一緒に行った。
エコー検査の結果、オシッコは溜まっていなかった。
じゃあ何故出ないの?
確かに昨晩は水をあまり飲まなかった。
ご飯も口にしなかった。
だから?

腎臓の機能が止まって、オシッコを作ってなかった。
最悪だ!!
点滴も効果が無いようだ。

帰り際、今後どうしたら?と聞くと
「今日一日持たないだろう」と
姉ちゃんに今日は泊るようにと伝え、どうしても会社に行かないといけない用事が有ったので、その間看てもらう事に。
薬を飲ませようとしたら指噛まれた。
噛む元気は有るんだと出かけた。
それから2時間後に逝ってしまった。
私は立ち会えなかった。
私が出掛けるときに何度か鳴いた。
後ろ髪を引かれたけど、帰るまでは持つだろう(もしかしたらと言う気持ちは大きかったけど)
姉ちゃんとたまたま24・25日が休みのパンク父が立ち会って看取った。
苦しまず、安らかだったと。

姉ちゃんは小さい子が居るので取り合えず帰らせた。
パンクの事思い出して辛いと電話が有った。
私は・・・ゆっくりとパンクと最後の夜を過ごした。
動かないパンクを見ているのは辛いと思ったけど、撫でて、ツンツン触って、話しかけることが出来た。
姉ちゃんの方が辛いな。

パンクは親孝行な子だ
一番ダメージの大きい私に最後を見せなかった。
多分その場に居たら半狂乱になっていただろう。
自分で決めた事で立ち会えなかったが少し冷静さを保てた。
25日はパンク父が休みなので皆で送り出せる。
そして、26日は私の誕生日
もしかしたら最悪の誕生日なっていたかも・・・今年は勿論のことこれからもずっと

悔いる事は山程ある
でも、それを言っても・・・自分で・・・家族で決めた事、全て受け止める。

ガンと聞いたとき頭を過ぎったのが、強烈な痛みがあるのでは?
苦しんでいる姿を見てきた、それ以上の苦痛でパンクが苦しんだら?
今はもしもの時のことを考えているが、それさえも考える余地が無いほど早かった。

12歳と9ヵ月
もう少し一緒に居たかった。
パンクと初めて会ったときの事を思い出した。
チャイムと玄関の鍵開けの音にワンワン吠えるのは直らなかったけど、五月蝿いと怒っていたそれが無い。
居るはずの所に居ない、有るはずの物がない。
特別ではない、居るのが当たり前の日常。
今日より明日、明日より明後日の方が寂しくなるんだろうなあ。


今年の夏は夜になっても暑くて、体力の落ちていたパンクを散歩にも連れて行けなかった。
涼しくなったら、パンク連れていつもの散歩コースを歩こうと思う。

ありがとうね、パンク。
またね!


2010050502.jpg


スポンサーサイト

コーギー |


| TOP |

旬の花時計

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

プロフィール

のび

Author:のび
W.Corgiのパンク
1997.11.14生まれ
おやじコギ街道まっしぐら!!
神戸市在住

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。